ロマンある求人情報!看護師転職はこちら



職場の保育所に慣らし保育はある?

子供を保育園に預けようとする場合、子供の年齢によっても違いがありますが、一般の保育園では、慣らし保育、という期間を設けています。

いきなり保育園に預けるのは、親にとって不安です。

子供にとっても、特に小さな子供の場合は、環境の変化に、慣れるまでに時間がかかる場合があります。

そういった面から見ても、慣らし保育、というのは、とてもいい方法です。

しかし、院内保育園の場合、慣らし保育の期間があっても短い期間だけ、慣らし保育がない保育園も多いのが現実です。

病院や保育園の方針によって、かなりの違いがありますが、一般の保育園に比べると、家庭環境や子供に合わせて、臨機応変に対応してくれるので、子供を預けやすい環境は作られています。

病院によって、院内保育園の方針に多少の差はあっても、ママさんナースにとって、院内保育園のある職場は、とても働きやすい環境にあります。

同じように、院内保育園に子供を預けている看護師と、情報交換する事もできますし、同じ環境の同僚がいる、というのは、とても心強いものです。

しかし、全ての院内保育園が、安心して子供を預けられる環境にある、とは限りませんから、
事前に保育園の状況をしっかり確認する事はとても大切です。

2015年5月 6日|

経験のない科に配属されるのは不安です

ブランクのある看護師にとって、復職する際には、とても不安があるものです。

たとえば、出産を機に看護の現場から離れ、3年ほどブランクがある場合を例にあげてみます。

3年もブランクがあると、いろいろな知識を忘れていないか、仕事についていけるか、とても不安に思います。

支援体制の1つとして、新人看護師につくプリセプターを、ブランク看護師につけてもらえる病院があります。

経験のない科に配属された場合、プリセプターの制度は、とても助かります。

勤務中にわからない事があればすぐに聞く事ができますし、他のスタッフとの間に入ってくれるので、新しい職場に早く慣れる事ができます。

復職支援セミナーに参加するのは、とても良い事ですが、未経験の科で働く場合、プリセプターの制度があると、とても心強いものです。

経験のある科で働く場合は、ある程度の知識がある為、仕事に早く馴染む事もできますが、未経験の科では、そのようにはいきません。

ブランク看護師にとって、プリセプターのような支援体制の整っている病院で働く事ができれば、
安心して復職ができ、仕事も長く続ける事ができます。

復職を成功させる為に、事前に情報を調べる事も重要です。

2015年5月 6日|