ロマンある求人情報!看護師転職はこちら



パート看護師がおすすめな理由

育児中の看護師にとって働き方は悩みますね。


私もまだ幼稚園に通う子供が2人いますので、預け先の確保や、長期休暇中の対応について悩みます。

子供が小さい内は専業主婦でいたいと希望される方もいますが、やはり生活がありますし、長い期間ブランクが出来てしまうのは不安もありますね。


私は子供が小学校に入るまでは働かないと決めていましたが、家のローンが始まり、子育てにはお金が掛かると知ってからは、パートで働こうと意識が変わりました。


パートにもフルパートで常勤とほとんど変わらない働き方をする方もいますが、短時間で働いている方が多いですね。


私は10時~14時まで(昼休憩なし)の4時間のパートです。


自給が1700円なので、4時間で6800円なので月に13~14万円位になるので、住宅ローンや幼稚園代は賄えます。


パートのメリットは、短時間の勤務で良いこと、残業が少ないこと、土日・祝日が休めること、常勤ほど責任が重くないことなどだと思います。


幼稚園行事がある日や、子供の急病なども、常勤だと代わりも少なく休みにくいですが、パートの場合は融通が利きます。

パートの方には、子育て中の看護師がとても多いので、お互い大変なことや悩みなども理解して貰えるのも働きやすいポイントだと思います。

2015年8月19日|

看護師派遣の仕事内容。経験は必要?

私が派遣看護師として働き始めたのは、自分のペースにあわせた働き方ができるからなんです。

実は、私は看護師としてスキルアップしたい、もっと専門的な知識を学びたいと思っているんですよね。

その為には、勉強する時間が必要なんです。

病院によっては、認定看護師を取る為の支援制度が整っていて、働きながら勉強できる所もあるんですよね。

そのような職場だったら、とても恵まれていますよね。

でも、残念ながら、私が働いていた職場そのような制度がなかったので、自分の夢を叶える為に、
思い切って退職したんです。

そして、プライベートを充実させる事ができる派遣看護師をする事にしたんです。

看護師としてスキルアップできるいろいろな資格を取る為には、お金も必要です。

派遣だったら時給が高いので、効率良く稼げますよね。(^0^)

私は、高齢者看護に興味があって、糖尿病についてもっと知識を得たいと思っているんです。

糖尿病というのは、年齢と共に増えていくんです。

60歳を超えると、6人に1人が糖尿病になってしまうんです。

糖尿病は、合併症が怖いんですよね。

動脈硬化や網膜症、神経障害など、いろいろな症状が起こりやすくなるんですよ。

糖尿病は、食事療法や運動、服薬など、ケアする為にはいろいろなポイントがあります。

私は、もっと専門的に学んで、老人看護に役立てたいと思っているんです。(*^0^*)

高齢者ばかりでなく、食生活の変化によって、若い人でも糖尿病になる人がすごく増えていますよね。

今はまだ勉強を始めたばかりなんですけど、頑張って資格を取って、専門分野で働きたいと思っていますね。

そのような生活習慣病についての知識は、今後もっと必要になってくると思います。(^^)

2015年7月 8日|

今すぐ看護師派遣を探したい!お金がピンチです!給料即日払いの看護師派遣?

看護師の仕事は高給だと言われています。

確かに、同じ年代の他の仕事をしている女性に比べると高給です。

でも、それは仕事に見合った給料だと思っています。

というよりも、仕事のハードさから考えると、もっと給料が高くてもいいのに、と思う時もあります。(^_^")

ただ、子育て中の看護師転職にはとてもつらいものがあります。

私は一般病院の病棟で働いているんですが、業務内容がハードで、精神的にも肉体的にもキツくて、ストレスが溜まります。

だから、ストレスを発散する為に、休日には必ずと言っていいほど出かけています。

連休が取れた時には、近場の温泉に行ったりする事もあります。

その他にも、岩盤浴に行ったり、買物をしたり、貴重な休日を、自分の好きな事をして楽しむようにしています。

でも、そのような過ごし方をするのには、お金がかかります。

私はまだ独身なので、自分が稼いだお金は自分の好きなように使う事ができますが、将来の事を考える著と、
そのような事ばかりは言っていられません。

実際に、お金がピンチになる事も少なくないんです。

そんな時に、看護師仲間に紹介してもらったのが、看護師の派遣の仕事なんです。

派遣だったら、1回から仕事ができるし、日払いの仕事も沢山あるので、本業が休みの時に仕事を入れる事ができます。

私は、老人病院で派遣看護師の仕事をするようになって、高齢者看護にすごく興味を持つようになったんです。

老人病院での派遣の仕事で、認知症の患者さんの看護を経験して、人事ではないなと思いました。

実は、自分の母親も認知症の診断を受けて、今後、どのように介護をしていったらいいのか、
いろいろ考えているところなんです。

母親の事も考えて、老人病院での勤務で、高齢者看護の知識を得ようと思っています。(^_^)--☆

2015年6月19日|

看護師は残業代はちゃんと出る?

看護師の求人表を見ていると、残業なしと書かれている物が多いですね。

ハローワークやナースバンクなどの公開求人は求人内容があまり信用出来ませんね。

やはり職場にとって不利な情報はほとんど書かれていないので、実際に働いてみたら残業だらけだったというのは良くありますね。

私も何度か求人選びで失敗しています。


残業があるのは仕方がないにしても、残業代がほとんど出ない職場も多いですからね。

特に常勤の方なら仕事以外にも、看護計画の修正やアセスメント・レポート・委員会などその他の仕事も多いですよね。

仕事が終わってからやっとそれらの仕事が出来るのに、その時間は残業に入れないという職場も多いのです。

結局家に持ち帰れるものは家でやったり、休みの日に職場に行く事もあります。

以前は師長が最悪で残業代は付けるな!と言う方針の人でした。

毎日2~3時間はサービス残業していましたよ。

師長が良ければ、残業がないように業務を工夫するなり、スタッフを増やすなり、残業代はしっかりと付けてくれたりしますから、上司の存在も重要ですね。

2015年6月19日|

看護師求人の選び方のポイントは?

看護師の求人を選ぶ際に、皆さんは何を優先・ポイントにしていますか?

独身の方ならある程度の自由が効く方が多いので、夜勤専従を希望したり、沖縄応援ナースや首都圏応援ナース、日赤の海外ナースなど色々経験してみるのもおもしろいですね。

でも、既婚の方やママさんナースになると、仕事の幅が限られてしまう方が多いですね。

給料よりも残業なしや休日の多さを優先する方が多いですし、常勤よりもパートやバイトを選ぶ方が多いですね。

求人選びのポイントで高給を希望する方もとても多いですね。

同じ時間働いても給料が大幅に違うなら、効率良く高給を稼げた方が良いですもんね。

ただ、高給という理由だけで求人選びをすると失敗する方が多いのです。

看護師の半数が転職や就職に失敗して、転職を繰り返しています。

まだまだ看護師の仕事=ハードと言う職場が多いですからね。

高給だけど仕事も楽で休日も多いと言うラッキーな職場も数は少ないけど、探せばありますよ。

私はツアーナースやイベントナース、派遣などは自由も利くし給料も高くてお勧めです。

2015年6月19日|

職場の保育所に慣らし保育はある?

子供を保育園に預けようとする場合、子供の年齢によっても違いがありますが、一般の保育園では、慣らし保育、という期間を設けています。

いきなり保育園に預けるのは、親にとって不安です。

子供にとっても、特に小さな子供の場合は、環境の変化に、慣れるまでに時間がかかる場合があります。

そういった面から見ても、慣らし保育、というのは、とてもいい方法です。

しかし、院内保育園の場合、慣らし保育の期間があっても短い期間だけ、慣らし保育がない保育園も多いのが現実です。

病院や保育園の方針によって、かなりの違いがありますが、一般の保育園に比べると、家庭環境や子供に合わせて、臨機応変に対応してくれるので、子供を預けやすい環境は作られています。

病院によって、院内保育園の方針に多少の差はあっても、ママさんナースにとって、院内保育園のある職場は、とても働きやすい環境にあります。

同じように、院内保育園に子供を預けている看護師と、情報交換する事もできますし、同じ環境の同僚がいる、というのは、とても心強いものです。

しかし、全ての院内保育園が、安心して子供を預けられる環境にある、とは限りませんから、
事前に保育園の状況をしっかり確認する事はとても大切です。

2015年5月 6日|

経験のない科に配属されるのは不安です

ブランクのある看護師にとって、復職する際には、とても不安があるものです。

たとえば、出産を機に看護の現場から離れ、3年ほどブランクがある場合を例にあげてみます。

3年もブランクがあると、いろいろな知識を忘れていないか、仕事についていけるか、とても不安に思います。

支援体制の1つとして、新人看護師につくプリセプターを、ブランク看護師につけてもらえる病院があります。

経験のない科に配属された場合、プリセプターの制度は、とても助かります。

勤務中にわからない事があればすぐに聞く事ができますし、他のスタッフとの間に入ってくれるので、新しい職場に早く慣れる事ができます。

復職支援セミナーに参加するのは、とても良い事ですが、未経験の科で働く場合、プリセプターの制度があると、とても心強いものです。

経験のある科で働く場合は、ある程度の知識がある為、仕事に早く馴染む事もできますが、未経験の科では、そのようにはいきません。

ブランク看護師にとって、プリセプターのような支援体制の整っている病院で働く事ができれば、
安心して復職ができ、仕事も長く続ける事ができます。

復職を成功させる為に、事前に情報を調べる事も重要です。

2015年5月 6日|